今話題のハッカソンに関するニュース

現在ではハッカソン情報サイトも充実してきています。

それだけ市民権を得てきたとも言えそうです。

アイディア出しから開発まで短期間に凝縮されていますから次々新しいものが求められる現代に合っているのでしょう。

速さだけではない部分も評価の対象となってきますから多くの部分で実力をつけるかなり良い機会になるのではないでしょうか。

加えていつもは交流できないような人たちの意見に触れたり主催者より作業場以外にも食事が提供されたりとビジネスチャンスを広げるとともに同じものが好きな人同士がその場を楽しめるイベントとも言えそうです。

ハッカソンの開催日についてカレンダーになっているものがありますが毎月少なくとも十数件のイベントが行われているのがわかります。

多い時期には月数十件開かれる場合もあり特に週末には集中します。

イベント自体が数日間に及ぶこともあり仕事や学校が平日にある人でも参加しやすいようにとのことでしょうか。

一方で気楽な参加を促すイベントもあり自分の都合に合わせて選べるのが嬉しいところです。

いろいろな分野でこういったイベントが開かれるようになれば専門的な技術を受け継ぐ機会としても期待できそうです。

クラウドソーシングが多くの人たちの働き方を変えました。

依頼する側としてはサービスを利用することで安く発注できそして依頼を受ける側は自身の能力を頼りにどこにいても仕事が可能となりました。

オフィスを必要としないこうしたスタイルの働き方をリモートワークと呼び近年自由度の高いビジネスモデルとして注目を集めています。

世界中と繋がれるインターネットが今や日常に溢れています。

ソフトウェア開発のイベントにもリモート参加をすることができたりします。

海外から参加したチームも実際いたそうです。

環境が違う人たちの斬新なアイディアに触れられるのは貴重な機会となりますね。

日本発のプログラミング言語であるRubyはより簡単にプログラミングが可能になるように開発されたものだそうです。

初心者や興味がある人に対してオープンになっている印象です。

楽しくプログラミングをするために作られた言語だけあって楽しむために利用する人もおられるようです。

この言語で簡単にiOSやAndroidのアプリが作れるというのがRubyMotionです。

ハッカソンで取り入れてみたという人などもおられて、実際利用した人のお話ではメリットもデメリットも同じくらいあるようで個人の志向がかなり影響していそうです。

コンピューターと人間の意思疎通のためにはプログラミング言語という特殊な言葉でもって指示を与えなくてはいけません。

これには種類がいろいろあり人によって好みもあるようですが中には日本人が開発したものもあるとのこと。

オープンソースソフトウェアであるRubyがそうです。

この言語は面倒な部分を簡素化することによってプログラミングするということ自体を楽しめるように作られたのだとか。

そのうえ作業に便利な機能も多くフリーソフトウェアなのでハッカソン向きな言語のように思えますがある統計では使用率が10位ほどとなっていました。

温泉地でアプリ開発にチャレンジするという聞いただけでも楽しそうなハッカソンがあります。

宿泊費や食費など本戦中にかかる費用を出してくれるせいもあってかとても人気が高いイベントなのでしょう。

2か月ほどかけて日本各地で地方予選が行われ、夏に本戦となります。

このイベントでトップになることができればシリコンバレースペシャルツアーに招待してもらえるのだとか。

厳しい時間制限があるため普通は大変なイベントでしょうが温泉地なら癒し効果も抜群でしょうし旅行気分も味わえてお得な気がします。

ハックとマラソンを掛け合わせた言葉であるハッカソンですが、これは簡単に言うとアプリやソフトウェアの開発を短期間で重点的に行うイベントのことです。

聞いただけだと初心者の参加は難しいような気がしてしまいます。

大抵主催者によって参加資格は提示されていますが、プログラミングに関する最低限の知識や技術を要するものもありますし逆にテーマに沿った分野の知識やアイディアの持ち主を募集しているものもありました。

興味はあれどなかなか参加しづらいと感じていた人はイベントの雰囲気に慣れる第一歩として間口の広いものから挑戦してみると良いかもしれません。

ソフトウェアを開発するイベントはエンジニアが行くものと思っている人は多いかと思います。

ところが本当は個々の得意分野が違うからこそ良いチームとなるのだそうです。

極端なことを言ってしまえばプログラムができなくても良いということです。

なるほど確かに仕事の現場でも重要なプロジェクトのために多方面から優秀な人物を集めてチームを作ります。

時間や環境など厳しい面が多いこうしたイベントへの参加ではコミュニケーションスキルや企画する力、スケジュール管理など現場で役立つ能力が磨かれること間違いなしです。

日本各地で数多くのハッカソンが開催された2015年。

2016年にはどうなっているのでしょうか。

調べてみると毎月どこかで何かしら開催されているようです。

ビッグビジネスにつながる可能性の高い良い機会でもあるので開催する側にとっても大きなメリットがあると言えるでしょう。

誰もが知っているような大手企業も主催者やスポンサーとして参加者の後押しをしています。

そういった大きなイベントだと予選があったり人気過ぎてあっという間に定員になってしまうものもあったりするので参加したいイベントの情報は常にチェックしておくと良いでしょう。

日常生活にインターネットが浸透したことで働き方に幅が出ました。

最近は小さな会社やフリーランスなどが集まり個人個人でそれぞれの仕事をしながらワークスペースを共有する働き方が広まりつつあり、これをコワーキングと呼びます。

広がってきたのはアメリカからだそうですが現在では日本でも広がりを見せそれに必要な場所も増えつつあるとのこと。

コワーキングスペースと呼ばれるこれらの場所を活用したプログラミング関連の催しというのもあります。

人が集まっても仕事ができる広さと環境が整っているとのことでイベントを開催するにはもってこいの場所とも言えるのかもしれません。

ハッカソンに参加する際大切なポイントとして挙げられるのが仲間、つまりチームメイトです。

チームで厳しい制限時間以内に目標を実現させるためにはできるだけ作業は素早くかつ正確にしなくてはなりませんし、さらに審査員はもとより他のチームの参加者を驚かせることができるような新たな発想ができる人物も仲間に欲しいところです。

異なる得意分野を持った者同士が互いに認め合っていれば自然と個々がしなければならないことが分担されスムーズに仕事をこなしていけるそうです。

ひとつのイベントを共に乗り越えることでお互いを高めあうこともできるのでしょうね。

2013年に大阪で開かれたハッカソンが新しい時代の流れを作り出したと言われています。

その流れというのがIoT、インターネットオブシングスです。

テレビや新聞などでしばしば目にするようになった言葉ですがこれはつまり今までとは明らかに異なる「モノ」とネットとをくっつけて新しい何かを生み出そうという考え方です。

この考えが広まりつつある現在では帰宅途中に家の電化製品の電源をオンにしたり外出中でも家にいるペットの様子がわかったりといった昔の人が思い描いていた「未来の技術」が次々生み出されているのです。

フレームワークというのは枠組みのことを指しますがソフトウェアの分野においては開発の基盤となる部分のことを言います。

作りたいものにより開発時間がシビアなイベントのときには目的を遂げるために上手に活用する必要があるものです。

イベント参加時には状況に合わせたスピード感が必要なので、複雑に入り組んだ技術的なものより今までになかったような新しい着想をわかりやすい形で目に見えるものにすると高評価に繋がるようです。

だからこそすでにある使えるものはうまく取り入れるという応用力も必要なスキルのうちの一つです。

エンジニアの人たちが集結する競ってソフトウェア開発を行うイベントがしばしばありますが、それに加えてIT分野最新の技術を斬新な着想で今までと違う分野とリンクさせるテーマのイベントも開かれています。

一般的に人でしかできないと考えられていたような部分をさまざまな技術を使って模索しより便利な形にするという技術を試したい人には挑戦しがいのある催しとなっています。

仕事をする中で誰しも不満に感じることはあるでしょうが新しいソフトウェアが解決してくれるというのならもしくはより高いレベルの仕事ができるようになるならありがたいことですよね。

エアビーとは正確にはAirbnbと表記します。

本社はアメリカで2008年に創業されたそうです。

民泊なる言葉をテレビでよく耳にするようになりましたがこちらは宿泊場所を提供したい人とされたい人が繋がるきっかけとなっています。

つまりインターネットをうまく活用したマッチングサイトなわけです。

シェアリングエコノミーという概念を世界中に広めた会社です。

ハッカソンはこういった新しい発想が次々と形作られ想像もしていなかった未来が生まれるかもしれない場所なのです。

イベントへの参加が成功への切符となった人がいるように夢や希望を現実にできるものなのでしょう。

関連ページ